ASPの中の人が教える 月10万円稼ぐサイトの作り方

1up1up

集客・SEO

アフィリエイター必見 目的別無料キーワードツール17選

投稿日:

キーワードツールとは?

無料で使える検索キーワードツールを紹介します。
アフィリエイトではキーワードが重要と何度も述べていますが、自分の頭だけで考えるのは限界があります。

記事の作成やリニューアルではキーワード調査は必須とも言える作業で、ユーザーのニーズを顕在的・潜在的に関わらず調査するには、キーワードツールによるキーワード調査が非常に有効な手段です。

総合キーワードツール

Googleキーワードプランナー

2018年に大幅リニューアルされて使いやすくなりました。


Adwordsで広告を出していない場合はアバウトな数字となっていますが、おおまかな検索ボリュームや競合性がわかるので、一度はGoogleキーワードプランナーで確認することをおすすめします。

あとで紹介するgoodkeyword関連キーワード取得ツール(仮名・β版)などで、関連キーワードを取得して、Googleキーワードプランナーで検索ボリュームやライバルの強さを確認する方法が一番オーソドックスな手法です。

どのキーワードツールでも言えることですが、ツールに頼り切らずにキチンと自分でも検索して上位表示されているサイトを確認してください。だんだんと手強いサイトと勝てるサイトの違いが分かるようになってきます。

Googleキーワードプランナー

関連キーワード

goodkeyword


goodkeywordは有名な関連キーワード取得ツールで、GoogleとBingの関連キーワードに、Google Trendsによる人気度の動向も調査できます。
注意点としては、下記の記事でも紹介しましたが、関連キーワードを羅列しただけのブログでは成約には至りません。

なぜならgoodkeywordなどのツールで取得できるのは単に検索数の多いキーワードで、ユーザー1人1人の立場に立ったものではないからです。

goodkeywordなどの関連キーワード取得ツールで、検索されている傾向をつかみブログの方向性や記事の内容に役立ててください。

例にした「アフィリエイト」というキーワードでもそうですが、けっこうネガティブはキーワードが含まれています。
ただし、本当に嫌っていればそもそも検索なんかしません。

ネガティブなキーワードからアクセスを拾って成約に至らせる記事にするのも使える手法です。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)


関連キーワード取得ツール(仮名・β版)は、関連キーワードをあいうえお順に一括取得してくれるツールです。また、教えて!goo、Yahoo!知恵袋の質問も取得できるので、キーワードリスト作成に役立ちます。

ただ、検索ボリュームまではわからないため、Googleキーワードプランナーなど他のツールとの併用が必要です。

私自身も利用度の高いツールのひとつです。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

Keyword Tool


無料版ではすべての検索語句に対してロングテールキーワードの提案を最大750個まで生成可能です。
有料版に登録すると、平均検索ボリュームや、クリック単価、競合性なども見ることができます。

また、YouTubeや、App Storeや、Amazonなどのサジェストキーワードも調べることが可能です。

Keyword Tool

KOUHO.jp


KOUHO.jpも50音順に関聯キーワードを取得できるツールです。

また、はてな連想語やTwitter共起語なども取得できるので、使い勝手の良いツールです。

kouho.jp

keygram


関連キーワードの取得だけではなく、同時に使われる形容詞や動詞を取得できるのが面白く、また月を指定しての取得も可能です。

他のツールでは取得できないようなキーワードも見つかるので、試してみると思いがけないお宝キーワードが見つかるかもしれません。

keygram

共起語検索


共起語とは、ある単語がに出たとき、その文章中に別の単語が頻繁に出現することです。つまり、セットでよく使われる単語という事です。

共起語検索は、Googleの検索ワードTOP50サイトを母集団に共起語を抽出します。

共起語検索

類語・対義語・反対語

weblio類語辞典シソーラス


類語の類語なども調べることができます。検索エンジンはちょっとした言葉の使い方で、検索結果が変わってくるためずらしキーワードにも使えます。

また、キーワードツールとしてでなく、ライティングツールしてもけっこう使います。

weblio類語辞典シソーラス

連想類語辞典


連想される言葉を知りたいときや、言い換えが可能な違う言葉を見つけたいときに重宝するツールです。

下記記事の「成果から遠いキーワードで稼ぐ方法」と相性が良いツールです。

連想類語辞典

キーワードの検索数

aramakijake


上図は「アフィリエイト」で検索をかけた時の例で、そのキーワードで50位までに表示された場合のアクセス数の予想を表示してくれます。

検索ボリュームを知りたい時に使う方が多く、このツールも使用頻度が高いです。

このツールで月間推定検索数多いキーワードを狙うのもありですが、ライバルサイトがない1,000件程度の複合スモールキーワードが意外と成果につながります。

aramakijake

omusubi


omusubiはキーワードマップを表示してくれて、関連キーワードが視覚的にわかりやすいのが特徴です。

特にカテゴリーにするべきハブとなるキーワードがわかるためブログの設計にも役立ちます。

それぞれの検索ボリュームまでは不明なので、先ほどのaramakijakeと組み合わせるなどの工夫があればなおよしです。

omusubi

トレンドのキーワード

Google トレンド


Googleトレンドはキーワードの人気の動向を調べることができ、複数のキーワードを比較しながら見ることができます。

同じようなキーワードを使う際に検索数を比べたり、過去5年間の動向がわかるため、キーワードの流行り廃りを調べたりするのに重宝しています。

また、急激に増加しているキーワードも同時に調べられるため、流行にのった記事を書く際にも役立ちます。

Google トレンド

きざし的フォークソノミー


きざし的フォークソノミーは、検索した語について過去約1年間のブログの記事数の推移をグラフで特徴的なキーワードを表で示します。

短期的なユーザーの関心の移り変わりが分かります。

きざし的フォークソノミー

Yahoo!リアルタイム検索


最新の話題やTwitterの検索ならYahoo!リアルタイム検索が優れています。
アプリもあるのでスキマ時間などにTwitterで流行っているキーワードなどを探すことも可能です。
個人的には特定のキーワードをブロックできる機能があれば完璧です。

面白い機能なのが、検索したキーワードのヒット件数が、グラフで表示され、24時間、7日間、30日間で切り替えが可能です。
また、どうやって判断しているのか不明ですが、感情の推移も良い・悪いの割合が表示されます。

Yahoo!リアルタイム検索

キーワードの出現率

キーワード出現頻度解析ツール


このキーワード出現率チェックはページ内に含まれるキーワードの出現回数や出現頻度を計測することができます。
意外と予測していないキーワードが含まれているので調節にも使いえます。このブログの例なら「2018」が予測していないキーワードです。使用を控えます。

キーワード出現頻度解析ツール

キーワードの難易度

キーワード難易度チェックツール


キーワードの月間検索数の予測と、SEOの難易度が計測できます。

月間検索数が1,000件程度で、SEO難易度が10ぐらいのキーワードを探して記事にすると意外と成果につながります。
そうして記事を増やしてブログが強くなったところで、検索数が多く、SEO難易度が高いキーワードに挑戦します。
いきなり激戦区で勝負しても結果は厳しいものになります。

キーワード難易度チェックツール

ポインタ


ものすごくシンプルに難易度だけを表示してくれます。
他にも、検索ボリュームにサジェストや共起語などの取得も可能で、総合的に使えるツールとなっています。

ポインタ

-集客・SEO

Copyright© 1up1up , 2018 All Rights Reserved.