ASPの中の人が教える 月10万円稼ぐサイトの作り方

1up1up

売れる文章の書き方

小手先のテクニックじゃない 文章力向上のために準備すること

投稿日:

アフィリエイトにおいても文章力は重要な要素です。あなたは文章力を向上させると言えばどのようなことを想像するでしょうか?
例えば語彙力や比喩や暗喩、分かりやすい言いまわしなどいろいろあると思います。

しかし、良い文章を書くためには、そのようなテクニックの前に重要な準備があります。これらは基本的なことで、誰にでもできるものでありながら、中々用意できないものでもあります。
今回は文章力向上にかかせない準備するべきものを紹介します。

文章力向上のために準備すること

時間を確保する

「何を当たり前のことを」と思われるかもしれませんが、良い文章を書くためにはそれなりの執筆時間が必要です。急いでいたり時間がない時は誰でも雑になるものです。まずは落ち着いて作業できる時間を確保しましょう。

また逆に言えば余計なことはしないとも言い換えられます。特にブログを始めたての頃は文章を書くのに時間がかかります。ブログの場合ほとんどが文章なのでどうしても時間がかかります。しかし、ブログ初心者に限ってデザインやレイアウトなどビジュアル面ばかり気にして時間を使いがちです。
ビジュアル面も大切ですが、重要なのは文章であることに間違いありません。重要な部分に時間をかけましょう。

記事にするテーマについて勉強する

これは自戒の意味も込めて言うのですが、書いているブログのジャンルや記事にするテーマについて、きちんと勉強しているでしょうか?
例えばこのアフィリエイトに関するブログでも勉強するべきことは多岐にわたリます。

  • アフィリエイトの手法
  • 上位表示できるキーワード
  • SEOテクニック
  • 稼げる広告プログラム
  • 効果的な文章表現
  • WordPress関連
  • 稼げるジャンル・衰退していくジャンル
  • SNS

大きく分けてもこのぐらいはあります。細かく分類すればさらに多くなります。それら全部を完璧に理解することは不可能ですが、最低限知っておくべきことはあります。
特にこれから書こうとしているテーマに関しての知識はアップデートしておくべきです。

情報や資料はたくさん用意する

記事とは情報です。ベースとなる情報が不足していれば、たとえ文章量を確保できたとしても水増ししただけに過ぎず、ユーザーにとって有益な情報とは言えないでしょう。

逆に情報が沢山あればあとは組み立てていくだけなので、記事の構成も短時間で終えることが可能で、文章を書く時もスムーズに書き続けることができます。

また、必要な情報が多いということは、ユーザーに過不足なく伝えたいことを伝えることができるということでもあります。
うまい文章を書く以前に書くべき情報が少なければ書けるものも書けません。
書きたい記事があるのに書けないという人は、だいたい情報が不足しています。

記事の出来は書く前の準備段階で8割方決まっていると思って間違いありません。

誰に何を伝えたいのか明確にする

記事のコンセプトを決めずに書く始めると「結局何が言いたいの?」というような文章になってしまいます。
アフィリエイトにおいては特に「誰に何を伝えたいのか」を明確にすることが重要です。言い換えるならゴールを決めるということです。

同じテーマの記事でも初心者を相手にするのか、上級者を相手にするのかで書くべき内容は変わります。また、性別・年齢・住所・年収・性格・興味などによっても変わるでしょう。
伝えたい相手によって重要な情報を取捨選択できれば、それだけで良い記事となること間違いなしです。ユーザーが知りたい情報はなんなのか? これに対す答えが記事になるということです。

ライバルサイトを研究しておく

インターネットの世界では、検索された時に上位表示できなければ中々読んでもらう機会はありません。もちろんすべての記事が上位表示することは不可能ですが、アクセスを狙った記事では上位表示されなければ意味がありません。

そこで重要なのがライバルサイトの研究です。同じテーマで書かれた記事があると思います。これはインターネットの世界だけではなく本やその他の媒体でもOKです。
狙った層と同じターゲットだと思うコンテンツはどういった内容なのか、なるべく良い点を探し取り入れるようにします。いくつかの記事を読めばだいたいの構成も浮かんでくると思います。

足りない部分があれば補って他のサイトに負けないような記事にすることを心がければ、いずれ上位表示されることでしょう。

こちらの記事も一緒にどうぞ

図や引用元を整理しておく

人ははじめて聞くことは理解が追いつかない場合も多く、正しく伝えていても分かりにくいこともあります。また、文章にすると長くクドくなってしまう場合もあります。
そのような時には図やイラストを用意できると理解を助けることが可能です。また、身近なものに例えることで分かりやすくなることも多いです。

それでなくても文章ばかりだと読むのが大変だという印象を与えてしまいます。イメージのような画像一つでもけっこう印象が変わるもので、適度に写真は入れるべきです。

記事の構成を考えてから執筆する

書く記事の情報を集めている段階で、ある程度記事の構成は決まってくると思いますが、特に記事を書くことに慣れないうちは細かく見出しの内容まで決めておくことをおすすめします。

そうしないといざ書き始めると以外に文章量が少なかったり、別記事にしたほうが良い話がごっちゃになってしまったり、書いているうちに違う話になってしまったりするからです。

私は記事を書く前に仮のタイトルと見出しを先に作っておき、肉付けをしていくという手法で書いています。

途中で細かい修正はあるものの、書くべき内容が大幅にブレることがなく、スムーズに書くことができるためおすすめの方法です。

-売れる文章の書き方

Copyright© 1up1up , 2018 All Rights Reserved.