ASPの中の人が教える 月10万円稼ぐサイトの作り方

1up1up

サイトの作り方

WordPressテーマの選び方とSEOに強いテーマまとめ

投稿日:

SEOに強いテーマとは?

プラグインで実装することも可能ではありますが、テーマの基本機能として、SEO対策が施されているテーマが一番です。

    主なSEO対策

  • 読み込み速度が高速・AMP対応
  • HTML等のコードが適切に記述されている
  • スマホでの表示が最適化されている
  • シェアボタンなどのSNS連携機能が実装されている
  • おすすめ記事や関連記事が表示可能
  • パンくずリストが設置されている

これらが実装されていなと、プラグインで対応が可能とはいえ、場合によってはコードをいじることも必要になります。そうなると記事作成に使うべき時間をサイト作成の時間にどんどん取られてしまいます。
上記のようなSEO対策のポイントがデフォルトで実装されているテーマは時間の短縮にもつながります。

SEO内部対策が充実している

SEO内部対策はGoogleのクローラーにコンテンツ内容を正確に伝えるために必要になります。

    具体的なSEO内部対策

  • サイトマップの作成
  • パンくずリストの設置
  • ナビゲーションメニューをテキストで設置
  • 見出しタグを規則的に使う
  • ページネーションはnext・prevを使用
  • SSL化

初心者の方には意味不明なことばかりでしょうが、基本的にはWordPressのテーマ任せで問題ないものばかりです。
この辺りはブログを書くのに慣れてきた頃に考えても遅くはありません。

最大のSEO対策は、ユーザーにとって質の高い有益なコンテンツを提供し続けることです。

レスポンシブデザイン

レスポンシブデザインとはユーザーの画面サイズやブラウザに応じてデザインが最適化されるウェブデザインの手法です。つまりスマホなどからのアクセスであっても、スマホ用に最適化されたデザインになる機能です。

このブログもレスポンシブデザインなので、ブラウザの幅を狭くすればデザインが切り替わります。

レスポンシブデザインに対応しているということは、パソコンからのアクセスでも、スマホやタブレットからのアクセスであっても、ユーザーにとって最適なデザインとなることで、環境を選ぶことなくアクセスが見込めるブログになるという訳です。

デザインが良い

デザインについては好みの問題でもあるので難しいですが、ゴチャゴチャしているより、スッキリとシンプルなものが好まれます。
特にこれからはスマホからのユーザーが増える傾向にあるため、よりわかりやすい構成が望ましくなります。
また、流行り廃りもあるため、一見して「古い」と感じるようなデザインは避け新しいほうが、内容も新しく感じられるので、リピートしてくれるユーザーが増えるでしょう。

長く付き合えるテンプレートの選び方

安全なテーマか

テーマの中には、良くないコードが仕込まれていたりと海外の無料テーマなどは注意が必要です。
ネット上で評価を見たりなどの自衛をしましょう。

安全を第一と考えるならWordPress公式のTheme Directoryに登録されているテーマから探すか、開発者がはっきりしているテーマから選んでください。

日本語テンプレート

海外のテーマのデモサイトを見て、一見良い感じのテーマでも、いざ日本語を入れると「何か違う」というようなこともあります。
また、日本語でのサポートもできるため、なるべく日本語のテーマを選ぶことをおすすめします。

広告掲載の機能

WordPressのテーマは目的を持って選ぶべきです。アフィリエイトの場合は広告が必要になりますが、あらかじめ広告のスペースが用意されていたり、おすすめ記事の中に、広告が入れられたりと、広告掲載の機能を持ったテーマも存在します。

必須の機能ではありませんが、目的を持ってテーマを選ぶ後とは重要です。

ライセンス

有料のWordPressテーマの場合気をつけなくてはいけないのが、ライセンスがどうなっているかです。

買ってしまえば個人のブログならいくつにでも使えるテーマもあれば、1つのブログにしか使えないテーマもあります。購入の際はライセンスについて確認するようにしてください。

やっぱり気に入ったかどうか

いくら機能面で優秀なテーマでも、肝心のあなた自信が気に入らなければ、ブログを続ける動機が弱くなります。
最終的にはあなた自信が好きかどうかで決めるのも必要なことです。

有料テーマと無料テーマの違い

WordPressのテーマは無料で素晴らしいものもたくさんありますが、有料のテーマも多くあります。
無料でも悪いことはまったくないのですが、有料ならではの部分として、優れた機能性やカスタマイズ性がデフォルトで実装されていて、それでいて美しいデザインのテーマもあります。

有料テーマのポイント

カラー等のレイアウトが設定できる
会話風などの装飾が豊富
ショートコードが実装
ランキング機能
AdSenseなどの広告が思う位置に挿入できる
サポートが充実

これらは位置例で、すべての有料テーマに導入されている訳ではなく、逆に無料のテーマでも導入されているものもあります。
しかし、有料のテーマなら、機能性・カスタマイズ性が高く、特に何もしなくても十分で、慣れてきた頃に思うようにカスタマイズできるというメリットがあります。
また、自分のブログに愛着が湧くという部分もあります。余裕があれば検討してみてはいかがでしょうか。

無料WordPressテーマ

Cocoon(コクーン)


「寝ログ」や無料テンプレート「Simplicity」で有名なわいひらさんの新テンプレートとなります。

Cocoonの特徴

内部SEO施策済み
完全なレスポンシブデザイン
カスタマイズがしやすい
ランキング作成機能
読み込み速度が超高速

Simplicityのシンプルさはそのままに、機能面が大幅に向上しています。機能面はできることが多すぎて伝えきれないぐらいで、ここまでの機能を持って無料というのは、WordPressのテンプレート界に衝撃が走っているぐらいです。
間違いなくおすすめです。

Cocoon

Xeory


『Xeory』はあの有名なバズ部のWordPressテーマで、バズ部の運営ノウハウが凝縮されたコンテンツマーケティングのためのWordPressテーマとなっています。

Xeoryの特徴

XeoryではLP(ランディングページ)の作成が可能
レスポンシブウェブデザインに対応
CTA機能搭載
使い方マニュアルが実装
Googleアナリティクス・Search Consoleの連携機能

企業サイト+コンテンツマーケティングを可能にしたサイト型テーマの「Xeory Extension」と、コンテンツマーケティング用のブログ型テーマ「Xeory Base」の2種類があります。
どちらもカスタマイズ性に優れ軽いのが特徴です。
カラーバリエーションもあり、使いやすいテーマになっています。

中でもランディングページの作成が可能なテーマは少なく、「これ」という売りたい商品がある場合には重宝します。

Xeory

LION MEDIA(ライオンメディア)


LION MEDIA(ライオン メディア)は、SEO最適化はもちろんAMP対応でレスポンシブでデザインも美しいと非の打ち所のないテーマに仕上がっています。

LION MEDIA(ライオンメディア)の特徴

読んでほしい記事を目立たせるピックアップ機能あり
カスタマイズが容易
人気記事ランキングが作成可能
広告用ウィジェットアイテムがある

LION MEDIAもとても無料とは思えないようなテーマで、欲しい機能は全部あるといった感じです。プラグイン無しでかなりのことができるのが特徴です。

メディアサイト向けではありますが、個人ブログとしても問題なく使えます。

現在はVer2とアップデートもされており、新機能も追加されています。このように無料とはいえ、アップデートされるのは安心して使えます。

LION MEDIA

stinger


StingerシリーズはアフィリエイターでもあるENJIさんが作成したテーマです。作者がアフィリエイターだけあってアフィリエイトに最適なテーマとなっています。

stingerの特徴

SEO内部設計済み
アドセンス広告用のウィジェット
カスタムメニュー及びスマホ用アコーディオンメニュー

stingerは非常にシンプルなテーマとなっていて、その分カスタマイズ性はバツグンになります。

逆に、カスタマイズが面倒だと思う人には物足りなく感じるかもしれません。

物足りないと感じる方には、上位版のAFFINGERというテーマがあります。こちらは有料ですが、stingerでできないことがすべて可能となっており、特にアフィリエイターに人気のテーマです。
AFFINGERはこの記事でも紹介しています。

STINGER8

Luxeritas(ルクセリタス)


Luxeritasは高速化に重点を置かれたテーマで、とにかく早いのが特徴です。

Luxeritasの特徴

高速、SEO対策済み、レスポンシブ対応、多機能
カスタマイズできる内容は400項目以上
サイドバーを2つ脇に寄せた特殊3カラム
フォントをチェックボックスで設定可能
ブログカードも使える

Luxeritasは本当に高速で、「Google Pagespeed Insights」でも100点を取るぐらいです。カスタマイズ性も高く、アップデートもされており、将来性も期待できるテーマです。
優しい感じのデザインで、女性向きのブログに最適です。

Luxeritas

マテリアル


トップページやメインコンテンツ下に、カテゴリーごとに記事を表示できるマテリアル風デザインのテーマです。

マテリアルの特徴

AdSense広告自動最適化
タブレットにも最適化
SNS連携

アイキャッチ画像がとても活きるデザインで、多くのアフィリエイターに採用されているプラグイン「SNS Count Cache」と「WordPress Popular Posts」と連携されているます。

AdSense広告自動最適化がすばらしくPCにもスマホにも最適化された状態で効果的な広告配置が可能となっています。

マテリアル

有料WordPressテーマ

AFFINGER


アフィンガーが無料テーマで紹介した、stingerと同じ作者のテーマで、stingerの上位互換的な存在になります。

AFFINGERの特徴

設定できる項目の数がすごく多い
ランキング機能あり
会話形式や文字装飾など記事を書く補助機能が豊富
ウィジェットも多くきめ細やかな設定が可能
AMP対応

アフィンガーはその名の通り、アフィリエイトで稼ぐことに特化したテーマで、テーマの作者であうるENJIさんは現役のトップアフィリエイターでもあります。

アフィンガーはアフィリエイターのためのテーマでもあり、アフィリエイトで稼ぐことを第一に設計されています。
また、複数のブログに使い回すこともできます。買っておいて損はないテーマです。

AFFINGER

SANGO


WordPressでデザインをいじろうと思うと一度はお世話になるブログ「サルワカ」から販売されているテーマです。

SANGOの特徴

マテリアルデザイン
内部SEO対策施策済み
30種類以上の見出し
豊富なショートコード
レビュー用ボックスを挿入可能

SANGOは「心地よさを追求したWordPressテーマ」とあるようにデザインが心地よく「見てみよう」と思わせるものがあります。

有名な有料テーマからSANGOに変更されている方も大勢いるぐらい人気のテーマです。

レビュー用ボックスが挿入可能な点がアフィリエイターにはうれしい特徴です。

SANGO

ATLAS(アトラス)


ATLASはアフィリエイト専用のテーマで、収益サイトが構築しやすいのが特徴です。

ATLAS(アトラス)の特徴

ランキングを1クリックで作成
記事下にお知らせ機能も設定可能
直感的なボタン操作でなんでもできる
複数サイトに使用可能

ATLASはボタンの操作で直感的に記事に装飾等と割と何でもできるので、WordPressに慣れない方にとっては特に記事を書きやすいテーマになっています。

ランキング・比較表の作成やPCとスマホで別々の広告を設置したいなどアフィリエイターならではの視点で細かい設定が可能です。
ATLAS(アトラス)

SWALLOW(スワロー)


OPENCAGEのテーマで、モバイルファーストなテーマとなっています。無駄をそぎ落としたシンプルかつ高機能なテーマに仕上がっています。

SWALLOW(スワロー)の特徴

OPENCAGE製テーマの信頼と実績
モバイルファースト
ショートコードを標準装備
やわらかい字体が女性向け

有名で実績のあるOPENCAGEの新テーマで、デザイン、サポート、速度と全てにおいて優秀で人気があります。
カスタマイせずとも、SNSボタンは目立つし、吹き出しはカッコイイし、プロフィール欄はオシャレです。

OPENCAGEはSWALLOW(スワロー)の他にもSTORK(ストーク)HUMMINGBIRD(ハミングバード)ALBATROS(アルバトロス)というテーマを販売しており、どれも人気があります。

SWALLOW(スワロー)

JIN(ジン)


JINはアフィリエイターなら知らない人はいない「ひつじ」さんとカズヤさんが作成したテーマで、アフィリエイトのノウハウが凝縮されてるのが特徴です。

JIN(ジン)の特徴

各パーツのデザインをボタンで切り替え可能
比較表やボックスなど執筆に役立つ「エディター」が豊富
ランキング作成やCVボタンなどアフィリエイターにうれしい機能搭載
複数サイトで使用できる

ひつじさんがトップアフィリエイターだけあり、アフィリエイターにとって便利な機能が満載です。デザインも今風で、重要記事をピックアップできる部分など気に入っています。

JIN(ジン)

DIVER


高品質高機能なハイスペックワードプレステーマで、カスタマイズ性能とデザインの美しさが魅力です。

DIVERの特徴

「吹き出し」「ボタン」「ボックス(囲み枠)」など装飾が豊富
AMP対応、スマホ用固定フッターメニューなどモバイルファースト
複数サイトに使用可能
無期限、無制限のサポート

値段は17,980円と他のテンプレートと比べ高めの設定となっています。しかし、機能面や複数のサイトで使えることを考えれば決して高くはありません。

ランディングページやCTA・アピールブロックなどアフィリエイターに便利な機能も揃っています。

DIVER

Liquid


Liquidはポートフォリオ用やオウンドメディア/ブログ用など用途によって種類があり、そろぞれ価格も違います。

Liquidの特徴

目的にあった個別のテーマがある
カスタマイザーで直感的な編集が可能
Bootstrap 4対応
コンテンツ分析が可能なタイプあり

Liquidは複数のタイプがあり、アフィリエイターとしてはMAGAZINEかINSIGHT、SMARTがおすすめになります。

コンテンツ分析βが特徴的で、閲覧数、コメント数、はてなブックマーク数などをードプレスの管理画面で分析することが可能です。他のテーマにはない面白い機能となっています。

Liquid

MAG


有料テーマの中でもデザイン性で人気が高いTCDからは、アフィリエイターのためのWordPressテーマ「MAG」を紹介します。

MAGの特徴

広告効果をアップさせる追従型広告ウィジェットを搭載
記事詳細ページの任意の箇所に広告を表示させることが可能
自由度の高いソーシャルボタン機能
モバイルフレンドリーなレイアウト

MAGで気に入っているのはロールオーバーのアニメーションがかっこいいところです。マウスをのせた時にさりげなく変化するのが最高にクールです。
こういったものはさりげないぐらいがちょうどよく、目立ちすぎるとかえって邪魔になるものです。
長く愛されているテーマには理由があるものです。

MAG

賢威


賢威を開発した松尾茂起さんはSEOの第一人者で、SEOに強いテーマとして人気があります。現在もバージョンアップが続いているロングセラーのテーマです。

賢威の特徴

上位表示の実績多数
賢威ユーザーだけがアクセスできる「賢威フォーラム」
ランディングページ用のテンプレート

バージョンアップは原則無料
賢威にはテンプレートの他に「賢威7 SEOマニュアル(前編)」と「コンテンツ制作マニュアル」が付属します。
これらは、戦略的なSEOノウハウがまとめられており、実際のSEOコンサルティング業務でも使用されている物となっています。

賢威

-サイトの作り方

Copyright© 1up1up , 2018 All Rights Reserved.