ASPの中の人が教える 月10万円稼ぐサイトの作り方

1up1up

売れる文章の書き方

アクセスが段違い 読まれる記事タイトルの付け方

投稿日:

ブログタイトルは看板

ブログにおいてタイトルは重要な役割を持っています。検索結果で表示されるのもタイトルなので、ユーザーはタイトルを見て、コンテンツの内容を推測して、その記事を読むかどうかを決めます。

また、タイトルが表示さる機会は検索エンジンの検索結果だけでなく、ツイッターなどのSNSでシェアされて場合やFeedlyのようなRSSリーダーでも基本的にタイトルが表示されます。

つまり多くのユーザーはタイトルを見て、知りたい情報かどうかを判断し、読むか読まないかを決めているのです。

狙うキーワードは必ずタイトルに入れる

タイトルには狙っているキーワードは必ず入れてください。当然のことですが、タイトルをあれこれ考えているうちに、キーワードが抜けてしまうことは割とあります。

需要のあるキーワードを選定し、詰め込みすぎずタイトルに含ませましょう。

タイトルが重要だと言うと、とにかくキーワードを詰め込んだタイトルを付ける方がいますが、それは逆効果です。1つ1つの価値が薄れてしまうし、日本語としてもやや不自然になり、最悪SEOのために過剰にキーワードを盛り込んでいるとGoogleに判断される可能性もあります。

タイトルは20文字~32文字

一般的にタイトルは32文字以内が良いとされています。理由は単純で、32文字を超えるとGoogleの検索結果からはみ出してしまい、最後まで表示されないからです。

また、長すぎるタイトルは読むのも面倒で、理解されづらいのでポイントを押さえたタイトルにしましょう。

逆に短すぎるとニーズを汲み取れていなかったり、ライバルが強すぎたりするので、内容を簡潔に説明した20文字~32文字が理想的だと考えています。

タイトルは1記事1テーマに設定する

タイトルは1記事1テーマに設定するようにしてください。
私自身言いたいことがたくさんあって、あれもこれも詰め込んでしまうことがあるのですが、SEO観点からも1記事1テーマがベストです。

これは記事を分けて書けばいいだけなので、逆に嬉しいことで、必要に応じてまとめ記事を書けばさらに記事を増やしながら、多くのユーザーに対して有益な記事を書きながらSEOにも強い特化記事となります。

デメリットは1記事あたりのボリュームが減ってしまうため、調べて付け足したり、ぼりゅーむを増やす工夫が必要になることです。事例や体験談などを加え、オリジナリティを出せればなお良いでしょう。

タイトルは3語以上5語以内のスモールキーワード

これは特にドメインパワーが弱い最初のうちに効果的なのですが、3語以上5語以内のスモールキーワードで勝負するほうがアクセスにつながります。

いきなりビッグキーワードで勝負してもライバルサイトに勝つことは難しく、アクセスの総量は少なくても、ニッチなキーワードで攻めたほうが逆にアクセスが稼げます。

検索結果の順位は1記事の良し悪しだけでは決まらないので、どんなに良い記事を書いてもいきなり上位表示されることはまずありません。

3語以上5語以内のスモールキーワードならより細かくユーザーのニーズをつかめるので、ピンポイントの記事が書きやすくなるというメリットもあります。ターゲットとなるユーザー自体は狭くなりますが、ターゲットにドンピシャの濃い記事は書きやす行くなるので、戦略としてはまず小さい所から狙いましょう。

キーワードはタイトルの前の方に

タイトルにキーワードを含ませるのは当然ですが、タイトルの中でも、より左にあるのがベストと言われています。
SEO的には意味は無いと思いますが、検索したユーザーが見た時に、より左にあったほうが目立つからです。

ユーザーは検索結果に表示されたタイトルを見て、記事を読むかどうか決めますが、1つ1つすべてのタイトル読んで決める訳ではありません。あなた自身が検索したときのことを考えれば分かると思いますが、サラッと斜め読みで興味を引くタイトルの記事に決めると思います。
その時に核となるキーワードが後ろの方にあればそれだけで目立たずに除外されてしまうことがあります。

ただし、あまり考えすぎず「できるだけ」でOKです。気にするあまり、日本語としておかしくなっているタイトルを見たことがあると思いますが、そこまでしてキーワードを先頭に持ってくる必要はありません。基本は自然でOKです。

タイトルは「読んでほしいターゲット層」が検索するキーワードにする

どのような記事を書くときにも読んでほしいターゲットを明確にし、そのターゲットに対して有益な情報を提供する必要があります。
記事のタイトルはその記事のターゲットが検索するであろうキーワードが入っていることが重要です。

明確にタイトルに「30代」や「主婦」や「初心者」とするのも、これはこれで効果的で、ユーザーも「私のことだ」と思ってたらクリックしたくなるものです。

また、同じようなテーマの記事でもターゲットを変えることで違う記事にすることも可能です。

タイトルは見ただけで何の記事かわかるようにする

たまに見かけるのですが、タイトルから記事の内容がまったく想像できないケースがあります。ツイッターなどのSNSをで拡散されていれば気になって見ることもありますが、検索エンジンでの検索結果ならまず見ません。

SEOの観点からも記事タイトルはある程度記事の内容が分かるものにすべきです。

クリックしたくなるタイトルに

例えば同じ「アフィリエイト 稼ぐ方法 初心者」というキーワードでも「初心者でもできるアフィリエイトで稼ぐ方法」よりも、「初心者の私でもできたアフィリエイトで月10万円稼ぐ方法」の方がいくらか魅力的に映ると思います。

私自身難しいのは重々承知ですが、タイトルは時間をかけてでも良いものにするだけの価値があります。

数字を入れて具体性・信憑性を演出する

よくあるテクニックですが、数字が入っていると具体性や信憑性が増します。
例えば単に「痩せる」よりも「1ヶ月で5キロ痩せる」と言われたほうが断然気になると思います。

ブログの場合は、まず信じてもらうことが必要になるため、具体的な数字が入っている方が読まれる可能性が高まります。

タイトルを付けるのに参考にするもの

Amazonなどで書籍のタイトルを見るものいいし、はてなブログで人気のある記事を参考するのも効果的です。
また、電車の中吊りによくある週刊誌の広告も参考になります。

興味を引くブログタイトルの実例集

  • 〜な理由
  • 〜とは?
  • 〜はやってはいけない
  • 〜すべき
  • 〜はみんなやっている
  • 閲覧注意
  • なぜ〜なのか
  • 〜な人の末路

-売れる文章の書き方

Copyright© 1up1up , 2018 All Rights Reserved.