ASPの中の人が教える 月10万円稼ぐサイトの作り方

1up1up

アフィリエイトの基礎

アフィリエイトの仕組みとは? わかりやすく図解してみる

更新日:

アフィリエイトとは?

アフィリエイトとは自分のサイトで商品やサービスを宣伝し、売れれば報酬がもらえるというネットビジネスです。詳しくはこちらの記事で解説しています。

アフィリエイトの仕組みについて

箇条書きでアフィリエイトの仕組みを説明する以下の通りです。

  1. 広告主がA8.netなどのASPと呼ばれる代理店に広告を依頼
  2. 代理店が広告を配信
  3. 代理店に登録しているアフィリエイターが広告をブログに掲載
  4. ブログを訪れたユーザーが広告をクリック
  5. 広告をクリックしたユーザーが広告主のサイトへ移動し商品を購入
  6. 代理店を通じてアフィリエイターは報酬を受け取る

広告と聞くと「私にもできるの?」と思ってしまいますが、仲介役となるASPを間に挟むことになるので、個人のブロガーでも簡単にさまざまな商品の広告を扱うことが可能です。

ASPって何?

ASPとは、アフィリエイトサービスプロバイダー(Application Service Provider)の略で、広告を出したい企業と広告を掲載して収入を得たいアフィリエイターの仲介をしている広告代理店です。

インターネットに広告を出したい企業が、ASPに依頼し、ASPに登録したアフィリエイターが自分のブログで扱いたい広告を掲載するという流れになります。
ASPはA8.netをはじめ沢山あります。アフィリエイトをはじめるなら主要なASPには全て登録することをおすすめします。
場合によっては同じ広告でも報酬が違う場合があります。

成果報酬をもらう条件

報酬がもらえるまでの流れは

  1. ASPに登録
  2. ブログに広告を掲載
  3. 読者がその広告から商品を購入
  4. 広告主から成果承認
  5. ASPを通じて報酬支払

以上のようになりますが、広告から成果報酬をもらう条件は、読者に購入してもらうだけではありません。

広告の中には、本人利用OKの広告もかなりあります。つまり、掲載した広告から自分で購入や申込みができるプログラムで、自分で広告を貼って、自分で購入すれば、報酬がもらえる広告もたくさんあります。これを通称「自己アフィリ」と呼びます。
例えばレンタルサーバーの広告を扱って自分で申し込めば報酬がもらえるということです。広告のタイプはいろいろあり、ブログがない状態でも申し込むことが可能なので、レンタルサーバーを借りる際は検討してみてください。

成果報酬を得るための条件と報酬の種類

アフィリエイトではブログの読者に広告から商品を購入してもらうことで報酬を得るのですが、自分で購入しても報酬が貰える広告があることをお話しました。
他にも条件がある広告もあります。

  • 本人利用OK
  • 掲載した広告から自分で購入ができる広告で、初回のみ有効の場合もあります。

  • 本人利用NG
  • 掲載した広告から自分で購入ができない広告です。

  • 即時提携
  • 提携申請したら、すぐに提携承認がおりる広告です。承認が必要な広告もあります。

  • リスティングOK
  • リスティング広告可能な広告です。細かい条件があるものや、リスティング広告は不可な広告もあります。
    いわゆるPPCアフィリエイトと呼ばれるものです。

    リスティング広告とはあキーワードを入札をし、そのキーワードで検索した際に、その検索結果に連動して表示される広告の事です。

成果報酬型アフィリエイト

成果報酬型アフィリエイトとはその名の通り、売れれば報酬がもらえるタイプの広告で、多くの広告はこのタイプです。
中には資料請求や申込の時点で成果となるものがあり、お金がかかるとは限りません。

  • 定額報酬
  • 成約1件につき◯◯円という定額の報酬となっている広告

  • 売上報酬
  • 購入金額の◯◯%と報酬額が定率になっている広告

成果報酬型アフィリエイトのポイントはブログの読者となるターゲットをうまく絞り、購入意欲の高いユーザーを集めることができれば、例えアクセスが少なくても稼ぐことが可能なところです。

クリック保証型アフィリエイト

1クリックにつき◯円と報酬となっている広告(売れたかどうかは無関係)です。とにかくアクセス数が必要になるため、ブログ自体のアクセスも大事ですが、いかにクリックしたくなるような配置などの状況を作れるかがポイントとなります。

インプレッション型アフィリエイト

表示回数型アフィリエイトとも呼ばれ、報告が一定回数表示されるごとに報酬が発生するタイプの広告です。
購入してもらう必要はもちろんクリックしてもらう必要すらなく、ただ表示されるだけでOKです。

簡単そうに感じますが、報酬の単価は低く0.01円とかざらにあります。
あまり人気がない広告のため、最近は下火のようです。インプレッション型の広告はポータルサイトやキューレーションサイトのような一定のアクセスが集めれるブログでないと利用は厳しいように思います。

アフィリエイトの始め方

    アフィリエイトを始める7ステップ

  1. 独自ドメインを取得する
  2. 覚えやすい名前がいいですが、あまり考えすぎずに気に入った名前で大丈夫です。
    おすすめはお名前.comムームードメインです。

  3. レンタルサーバーを借りる
  4. おすすめはXSERVER(エックスサーバー)です。安定性がかなり高く、速度も十分、容量も個人ブログには問題なしです。

  5. ブログを開設する
  6. WordPressでの構築がおすすめです。

  7. ASPに登録する
  8. A8.netafbなど主要なASPに登録しましょう。

  9. ブログに記事を書く
  10. 記事にアフィリエイト広告を貼る
  11. ブログにアクセスを集める

アフィリエイトの種類

ひとくちにアフィリエイトと言ってもいくつかの種類があります。これらはどれか選べばなければいけないものではなく、組み合わることも可能なもので、アフィリエイトのやり方を分類したものにすぎません。

すべての基本となるのは物販アフィリエイトで、これができれば他のアフィリエイトにも繋げることができます。
したがって初心者には、まず物販アフィリエイトをおすすめしています。

物販アフィリエイト

物販アフィリエイトとは、ある商品をブログで紹介しその広告を貼ります。それを見た読者がその商品を購入すればあなたに報酬がはいるというアフィリエイトの基本となるものです。

先ほども言いましたが、物販アフィリエイトは、成約させる文章の基本や書き方などすべてのアフィリエイトの基本となるもので、他の手法でもこれができていないと結果は厳しいものになるでしょう。

物販アフィリエイトのメリットは広告数が多く、どのようなジャンルのブログでも対応できる点と、じっくりと自分のブログを成長させられる点です。いきなり結果を出すのは難しいですが、記事を増やしていき、アクセスを集められるようになれば、ほったらかしでも稼げる魅力もあります。

自己アフィリエイト

自己アフィリエイトとは、自分で購入して報酬がもらえる広告を利用するアフィリエイトです。自分で購入するので、報酬は約束されますが必要なものだけなので、自己アフィリエイトで稼ぐことは難しいです。
中にはクレジットカードなど、申し込んだら報酬がもらえる広告を利用して稼ぐ人もいますが、それでも一時的になものなので、おすすめはしません。
あくまでも自分が必要なものがあれば利用するぐらいの気持ちでいるのが良いでしょう。

トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトとは、話題になっている事柄に関する広告を利用するアフィリエイトです。例えばタレントなどの有名人が使っている化粧品が話題になったとしたら、その化粧品の広告を貼る記事を書くようなアフィリエイトのスタイルです。

メリットは話題になっている事柄なので、アクセスが見込めるという点です。逆にデメリットはそのアクセスが一時的なものである可能性が強く、ブログの記事が資産となりにくい点です。
ブログの記事はいつもまでもアクセスを稼いでくれる資産となるもので、それがあるから半年したら徐々に稼げるようになるわけです。したがって記事はなるべく先まで価値の変わらないようなものが望ましい訳です。
トレンドアフィリエイトはその資産を捨てて、今にかけるやり方なので、ずっと走り続けることになります。

特化型ブログアフィリエイト

特化型アフィリエイトは特定の狭いジャンルに特価したブログで勝負する手法です。
これは物販アフィリエイトと相性が良く、例えばカメラについてのブログにするのではなく、ソニーのミラーレスカメラに絞ってアフィリエイトするというような感じです。

絞リ込みが強すぎるとアクセスが減り、弱すぎると読者がブレて成約に至りにくいというジレンマがあり、バランスが難しいとことろがネックです。

しかし、特化型の物販アフィリエイトが初心者には一番とっつきやすくおすすめの手法です。

メルマガアフィリエイト

メルマガを発行し、その読者に対してアフィリエイトをする手法で、読者獲得が一番難しい点です。
初心者にはおすすめしませんが、やるならまずブログを作り、ブログからメルマガ登録してもらうように募る。というステップが良いと思います。
ブログから読者になってくれるということは、信頼されているということなので、メルマガの内容も肯定的に受け取ってもらえるでしょう。

  • ソーシャルメディアアフィリエイト
  • ツイッターやフェイスブックといったSNSを使ったアフィリエイトです。現在は内容のないアフィリエイトだけでは、すぐに炎上してしまう恐れがあります。これもフォロワーあってのアフィリエイトなので、ブログからフォロワーを募ることがベストです。

    無料オファーアフィリエイト(無料オプトインアフィリエイト)

    広告には、お金がかからない、登録や資料請求でも報酬が出るタイプがあります。このタイプはとにかく、成果までのハードルが低いことがメリットです。しかし、1件制約して100円など低額を除くと、出会い系などちょっと抵抗があるジャンルばかりなので、広告を貼る方も、登録する方もそれほどハードルは低くないのが現状です。

    情報商材アフィリエイト

    情報商材と呼ばれる高額の情報の広告を扱うアフィリエイトです。
    ほったらかしでも月に100万円などと謳うような情報の広告もあり、胡散臭いということがデメリットです。
    もちろんまともな情報もあり、アフィリエイト報酬が高いことがメリットなので、うまくできれば一気に月10万円の壁を超えられます。

    PPCアフィリエイト

    PPCアフィリエイトとは広告費を払って自分のアフィリエイトしているキーワードで検索があれば上位表示させ、そのアクセスで稼ぐ手法です。例えば下図は「サプリメント」で検索した例です。

    1番目と2番めには広告とついているのが分かると思います。これが広告で買った順位でクリックされるたびに広告費がかかります。その広告費よりもアフィリエイト報酬が高ければプラス、逆ならマイナスということになります。
    PPCアフィリエイトもブログありきなので、アフィリエイト初心者にはおすすめできません。

    ASPのタイプ

    ASPとは『アフィリエイトサービスプロバイダー』の略称で、広告主とアフィリエイターをつなぐ広告代理店です。
    アフィリエイトをするときにはASPを通じて広告を貼るのですが、ASPにもいくつか種類があります。

    一般のASP

    A8.netやafb、アクセストレードなどで、一般的にASPというとこのタイプを指します。
    基本的にアフィリエイトではこのタイプのASPに登録して、自分のブログに合う広告を探すことになります。

    Google AdSense

    クリック課金型ASPで、広告がクリックされるだけで、商品の購入に関係なく報酬がもらえるタイプの広告です。
    アクセスが多いポータルサイトやキューレーションサイトに向いています。

    Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイト

    Amazonや楽天の商品が扱えるため、無い物はないぐらいの商品が扱えます。Amazonや楽天と直接契約もできますが、「もしもアフィリエイト」など一般のASPを経由することもできます。
    報酬率が低いことが難点です。

    クローズド型ASP

    一般には募集していないASPで、基本的にアクセスの多い人気サイトにASP側から問い合わせが来ます。
    こちらから登録することも可能な場合もありますが、審査はとても厳しいものになります。

    広告を自由に選ぶことはできない場合が多いですが、報酬が高いことが魅力です。
    特定のジャンルで上位表示されるぐらいにブログを成長させられればスカウトも夢ではありません。

    -アフィリエイトの基礎

    Copyright© 1up1up , 2018 All Rights Reserved.